その別荘は冬場を乗り切れるか?

冬の別荘地別荘

別荘に定住する動きがある

別荘はすでに自宅がある人が、ワンシーズンだけ、あるいは週末だけといったごく短い期間だけ滞在し、仕事で疲れた心身をリフレッシュしたり、自然に囲まれた環境でしかできないレクリエーションを楽しんだりするためのものです。
したがって別荘地の定番といえば海が近い場所か山の奥ということになりますが、こうしたところは交通アクセスの面で不便なことも多く、かならずしも定住には向いているとはいえません。

ところが、最近では会社を定年退職するなどの機会をとらえて、別荘にそのまま定住しようと考えている人たちもいます。
特にバブル経済崩壊後は地方の小規模な別荘やリゾートマンションは大きく値崩れしており、買い手にとっては好都合な部分もありますので、もともと別荘として建てられた物件を定住物件として購入するケースが最近は増えてきました。

リゾートマンションは魅力だが支出に注意

リゾートマンションを別荘として購入する場合、やはりレクリエーションのための短期滞在と定住は違うということを、今一度チェックしてからのほうがよいでしょう。

たしかに湯沢や苗場にあるような地方のリゾートマンションは、温浴施設やレストラン、フィットネスルーム、ロッカー、コインランドリーなどのさまざまな設備が館内に用意されており、個室内にもバスルーム、キッチン、トイレなどが完備されていて独立して生活を営むことができるのが強みです。

ただし、短期滞在を前提としたリゾートマンションでは、温浴施設やレストランが限られたシーズンしか開業していなかったりすることがあります。
館外に温浴施設やレストランを探そうとしても、あまりにも田舎なためにろくに店舗がないといったことも稀ではありません。
日々の生活が目的となれば、最低でもそのマンションの近くにコンビニエンスストアやスーパーマーケット、ホームセンター、病院や診療所などがないと、わざわざマイカーで遠出をしなければならず、移動にかかるガソリン代やバス代などは無視できない金額になるおそれがあります。

さらに、リゾートマンションは豪華な施設を維持するために共益費が毎月数万円単位でかかってしまうことがあり、そのほかにも大規模修繕工事の積立金を徴収されるのがふつうです。
大規模修繕工事の積立金などは、以前の持ち主が滞納しており、その負債を後から購入した人がそっくり引き継がなければならないこともありますので要注意です。

戸建ての別荘は冬場の利用ができるかどうか確認を

戸建ての別荘であっても、管理会社が管理している別荘地の場合には、リゾートマンションと同様に多額の管理費の負担がある可能性があります。
自主管理の物件である場合には、管理費の心配はありませんが、そのかわりに共益施設としてつくられていた私道の舗装や共同井戸などの設備が故障や破損してしまった場合の対応が困難になってしまうことも想定されます。

また、別荘の立地は山間部に多いことから、季節による違い、とりわけ冬場に滞在できるかどうか、またできないとしても雪下ろしなどの特別な管理が必要かどうかは、あらかじめ確認しておきたいものです。

別荘が豪雪地帯にあった場合、冬場は建物が雪に埋もれてしまうので使えませんし、建物が無事であっても途中の道路が除雪されていないようですと別荘に近づくことができません。
井戸水を上水として利用している場合には、配水管が凍結して水道が使えないこともしばしばあります。

積雪地帯でもサービス次第では快適に滞在できる

積雪地帯の別荘地、あるいはリゾートマンションのなかには、管理会社が自前で除雪機を所有しており、厳冬期の除雪活動で道路を啓開していたり、不在地主の依頼に応じて水栓の閉鎖、水抜きなどの冬支度をしてくれるサービスがあるところもみられます。

もちろん他と比較すると管理費がかなり高めになることは否定できないところですが、管理会社の便利なサービスで冬場も快適に過ごせる事例はありますので、別荘選びの際に頭に入れておくとよいでしょう。