戸建て不動産の耐用年数とは

外壁塗装不動産

省令にもとづく耐用年数

戸建て不動産は法律上、減価償却資産とよばれるものに含まれていますので、財務省令にもとづく耐用年数が定められています。
減価償却資産とは、取得時から年数が経過するにしたがって、その価値が一定の金額または割合で減る資産のことをいい、具体的な年数を定めるのがここでいう財務省令です。
減価償却資産には戸建て不動産のほかにも、自動車や機械・備品などのさまざまなものが含まれています。

財務省令にもとづく戸建て不動産の耐用年数ですが、木造住宅は22年、鉄筋コンクリート造住宅は47年と規定されています。
また、一般にはあまりお目にかかる機会はないかもしれませんが、金属造、れんが造、石造、ブロック造、ほかにトタンぶきなどの簡易建物についての耐用年数も定められています。

実際の戸建て不動産の寿命

これらはあくまでも法律上の減価償却のための目安ですから、たとえば木造戸建て住宅なら新築から22年を経過すればかならず使い物にならなくなってしまうのかといえば、実際にはそのようなことはありません。
我が国で一般的な木造の戸建て不動産であれば、新築から30年、40年程度であれば、意外と住宅としての機能を維持することができるケースは多いものです。

ただし、住宅の寿命は湿気によるカビや腐食、シロアリの被害などによっていくらでも短くなってしまいますし、逆に常に換気を行って湿気を逃し、こまめに清掃をするなどの日常的なメンテナンスをしっかりとしておけば、寿命が延びることも期待できます

建物の寿命を延ばすためのリフォームとは

建物の寿命を延ばすための方法として、日常的なメンテナンスに加えて、外壁塗装や屋根塗装などのリフォームも効果的です。

外壁塗装や屋根塗装の手順として、最初に高圧洗浄機で表面のコケや汚れをきれいに洗い落とし、ひび割れや継ぎ目の部分をコーキングで補修した上で、足場組み、養生、下塗り・中塗り・上塗りと作業を積み重ねるのが一般的となっています。
こうして建物表面のコーティングをしっかりと行うことで、内部にダメージが浸透してしまうことを避けることができます。

そのほかにも今ある建材は剥がさずにそのままにして、上から耐久性の高い新しい建材を重ね張りする方法があり、カバー工法と呼ばれています。
カバー工法に用いる建材にはガリバリウム鋼板や窯業系サイディングボードなどがありますが、あまり重量があるものですと耐震性に問題が生じることがありますので、事前によく検討しておくのがよいでしょう。

もちろんすでに雨水が内部に浸透していて腐食などの被害が出ているようであれば、屋根の吹き替えや外壁の張り替えといった、既存の建材をいったん剥がして新しいものに交換する大掛かりなリフォームが必要になることもあります。