別荘の外壁塗装の必要性について

外壁塗装別荘

別荘を購入した場合のメンテナンスにもいろいろな種類がありますが、金額や規模の大きなものとしては外壁塗装が挙げられます。
もちろん外壁塗装をしなければ、その分だけメンテナンスにかけるお金も手間も少なくて済むわけですが、そうもいかない事情があります。

外壁塗装が必要な理由とは

建物の内側にいると快適さでつい忘れてしまいがちですが、建物の外壁は雨・風・紫外線にいつもさらされていて、過酷な環境にあります。
そのため新築からの築年数が経過すれば、いずれは外壁も過酷な環境に耐えきれなくなって、室内環境へのトラブルというかたちで表面化してきます。
そこでこのようなトラブルを避けて、家全体としてできるだけ長い寿命を確保するため、定期的な外壁塗装などのメンテナンスが必須となります。

もっとも外壁塗装をする上では、足場組みや高圧洗浄、下塗り・中塗り・上塗りなどに要する人件費や物件費がかなりの金額にのぼります。
したがって必要なタイミングを見据えて取り組むのがベストな選択です。
このタイミングを知るには地域の工務店のスタッフなどのプロに聞くのが一番ですが、素人でもわかるサインはいくつかあるものです。

外壁塗装が必要な時期とそのサイン

一般の住宅では新築から10年から15年ほども経てば外壁塗装を考えてもよい時期とされています。
そのサインとして代表的なものに、塗膜の剥がれが挙げられます。

外壁に最初に塗装を塗ったときには、壁全体に薄い保護膜ができますが、この膜は建物の内部に紫外線や雨などのダメージが及ばないようにブロックする役目を果たしています。
この塗膜は永遠に建物の内部を保護してくれるわけではなく、やはり紫外線などで少しずつ劣化して、やがて部分的な剥がれなどの症状を呈することになります。
こうした塗膜の剥がれた状態になると、雨や紫外線のダメージは剥がれた箇所から内部に浸透し、外壁材そのものが反りかえってしまったり、柱などの木材の腐食を招いたりします。

また、外壁がサイディングのようなボードをつなぎあわせてつくられている場合には、継ぎ目をふさいでいる透明なコーキングが劣化してひび割れが生じたりすることもあり、これも同様に外壁塗装の時期が到来したサインといえます。
コーキングはサイディングとサイディングが温度や湿度の変化で膨張と収縮をくりかえす際のクッションとなっています。
クッションがなくなればダメージが直接響くことは想像に難くありませんし、継ぎ目からの雨水の浸入を許すことにもなります。

ほかにも外壁にコケや汚れが付いたり、チョークの粉のようなものが外壁から浮き出していたりする場合も、外壁塗装をすべきサインといえます。
外壁が健全な状態である場合には、汚れを弾く機能を発揮して、容易に汚れが付着するようなことはありませんが、紫外線などで劣化すると、汚れが付きやすくなることが知られています。

外壁塗装に適した塗料とは

外壁塗装とはいっても、アクリル系・ウレタン系・シリコン系といった塗料の種類によってその仕上がりは大きく違ってきます。
一般的に用いられている塗料の種類やその特色をまつめると、次の表のとおりとなります。
予算や目的に照らしてみて、もっともコストパフォーマンスを発揮できそうなものを選ぶのがよいでしょう。

種類用途特色
アクリル系塗料小さなログハウスや物置などの日曜大工に向く地域のホームセンターでも手軽に入手できる。
価格が安価で使いやすい
紫外線などの過酷な自然環境に対する耐性は弱い
耐用年数は5年程度といわれる
ウレタン系塗料一般的な住宅にアクリル系と比較すれば耐用年数が長い。
値段と品質のバランスがよい。
雨どいなど凹凸がある部分の塗装にも適する。
シリコン系一般的な住宅に汚れや紫外線にも一定の耐性がある。
次回の塗り替えまで10年から15年ほどと耐用年数が長い。
外壁塗装のスタンダードな選択肢。