ログハウスを建てるなら立地も重要!後悔しない別荘地の選び方

土地ログハウス

ログハウスを建てるのであれば、まずはその敷地となる土地を探すところからはじめなければなりません。
土地を探す上でまっさきに思い当たるのは、やはりインターネット上に開設されている民間の不動産売買情報専門サイトを検索することでしょう。

全国さまざま場所にある不動産物件が掲載されていますので、希望を膨らませながら閲覧するだけでも楽しいものです。
もちろん気になった物件があれば、専用フォームで相手先の不動産会社とコンタクトをとることもでき、使いこなすことができればたいへん便利です。

しかしこうした不動産情報は、かならずしも事実を的確に示したとはいいがたい場合があることは認識しておかなければなりません。
もちろん宅地建物取引業法の規制を受ける不動産会社ですから、あからさまな虚偽を掲載することはないはずですが、情報に最初に触れたときに消費者の立場で抱く期待感と、実際に現地を訪れて内見をした印象とは、かなり異なることがあるものです。

写真や図面が掲載されていない物件は要注意

不動産情報サイトで個別の物件のページを見てみると、その物件の所在地や面積・アクセスなどが文章で書かれているほか、写真や図面もあわせて添付されているのがふつうです。
写真は購入する物件を絞り込む上でのかなり有力な判断材料となりますので、ここにもしも不備があった場合には、たいせつな判断を誤らせてしまう原因にもなり得ます。

そこで実際にこうした不動産情報専門サイトに掲載された物件の写真を見てみると、あからさまに解像度が低かったり、サイズが小さくて画像が不鮮明なものが紛れ込んでいることがあります。
また、写真や図面が一枚も掲載されておらず、単に「公簿取引」「現況優先」などと記載されているだけのこともあります。

もしもこのような事例に行き当たった場合には、掲載の写真には示されていない物件の不具合がどこかに隠されている可能性があることを前提に、今後取引をすすめるかどうかを慎重に判断したほうがよいでしょう。
ありがちな事例として、次のようなものが挙げられますので、後悔しないためにもしっかりと確認しておきましょう。

  • 隣接地との境界が不明瞭で、隣接地主とのトラブル発生が見込まれたり、測量や境界立会のために多額の費用がかかるおそれがある。
  • 管理が行き届いておらず、雑草や雑木が繁茂しているため、実際に土地を利用するためには除草・伐採・伐根などをしなければならない。
  • 法務局に備え付けられている明治時代の公図と現況とが大きくかけ離れており、現地を確認してもどこが該当の土地なのかが特定できない。
  • 土地の上に不法投棄されたゴミや前所有者の残置物があるため、撤去のためにさらに費用が必要である。
  • 以前の持ち主が管理費や負担金を滞納しており、新たに購入した人が滞納金の支払い義務を負う可能性がある。

逆にこれらの不審な点がほとんどなく、写真や文章の正確性や詳細性が担保されている物件情報であれば、それは取り扱いをしている不動産会社でもおすすめの物件と考えられますので、情報量が多い物件ほど他の人が注目する前にアクションを起こしたほうがよいかもしれません。

「文学的」な不動産の言い換え表現の裏を読む

生まれ持った性格がその人の短所にも長所にもなり得ることは、世間でよく取り沙汰されるところです。

たとえば、「消極的」「引っ込み思案」などの性格はネガティブに捉えられがちですが、それを長所として捉えてみると、「物事を慎重に判断する」「落ち着いている」「周囲をよく観察している」などの表現に置き換えることは可能です。

そして、大学や企業に入学または入社するときの面接や、将来の結婚を前提としたお見合といった、積極的な自己アピールが求められる場面では、多少恥ずかしくともこうした「言い換え」の表現を用いて自分をポジティブな存在として相手に見せることで、望む結果が手に入れられることも珍しくはありません。

床下破損

実は不動産業界はこうした「言い換え」の表現を多用する世界でもあります。

スーパーマーケットやホームセンターに並ぶ薄利多売の商品とは違って、1件の価格が数百万円から数千万円、なかには億超えというほどの価値をもつ不動産の購入は、消費者にとっては面接やお見合いにも匹敵する人生の一大事となるはずです。

そして相手のほうも目いっぱい着飾った表現であなたを魅了しようとしていることを覚えておかなければなりません。

たとえば不動産情報サイトに次のようなポジティブ表現が踊っていれば、その裏に潜んでいる物件の本当の姿、デメリットとなる側面についても同時に思いを巡らす必要があります。

  • 鳥のさえずりが聞こえる:鳥しか棲息していないような不便な山の中にある
  • 小川のせせらぎが聞こえる:物件の至近距離に川が流れているので虫(ユスリカ・チョウバエ)の発生や地盤沈下のおそれがある
  • 眺めがすばらしい:山頂や山腹にあるので途中まで急な坂道を登らなければならない、または傾斜地に建てられていて土砂崩れが心配
  • 周囲の目が気にならない:周囲に人家がない寂しい場所、または水道や下水道・電気などのインフラが到達していないほどの田舎なので整備費用が上乗せされる可能性がある
  • スキーやスノーボードが楽しめる:冬場の積雪がひどく滞在することができない、水道管の凍結・破損のおそれもある極寒の地
  • サーフィンや釣りに最適:海辺にあるので鉄骨の建具や自動車は塩害を受けて錆びやすい、津波や高潮による被災が懸念されるエリア
  • 資材置場や家庭菜園に最適:その土地が市街化調整区域にあるなどの理由から建物の建築が原則的にできない

これらは一例に過ぎませんし、また本当に物件情報として掲載されているとおりのポジティブな要素だったということもあり得ますが、高額な買い物となるだけに、一応は疑ってかかる姿勢も忘れないほうがよいでしょう。

土地選びで後悔しないために

以上のように、ログハウスを建てる上で必要となる土地選びに当たっては、物件の情報量が少な過ぎたり、逆にメリットだけが強調され過ぎたりしている広告に注意して、物件の正確な姿を捉えようと努めることが重要です。

真剣に検討した結果として、多少のデメリットがあったとしてもメリットが上回る状況であれば、たとえば整地作業と樹木の伐採作業を同時発注して費用を節約する、腐食に強い樹種のログ材を選ぶ、擁壁を設置して土砂の流出を防止するなどの、デメリットをカバーできる対応策はおのずと見つかるものです。